女性

レーザーで色素除去

カウンセリング

美しさにこだわって

ほくろの数が多かったり、大きくて目立っていたりすることを、コンプレックスに感じている方は少なくありません。しかし下手に取ろうとすると傷跡が残ってしまい、取り返しがつかなくなる可能性があります。特に顔など目立つ場所にあるほくろを治療するには、専門的な技術と細心の注意が必要です。美容外科クリニックのほくろ治療は、単に色素を除去するだけではありません。施術後の肌が自然に見えるかどうかに重点を置いているため、美しさにこだわる方も安心して治療を受けることができます。美容外科クリニックでは炭酸ガスレーザーを用いるのが主流になっています。メスで取り除いて縫い合わせる方法もありますが、どうしても傷跡が残ってしまい、治りが遅くなりがちな点が問題です。高出力の炭酸ガスレーザーを使えば瞬間的に蒸発させることができ、ほとんど傷跡が残らないという特徴があります。患部の状態によって照射時間や回数を変える必要はありますが、1回の施術時間は短くて済むこともメリットですし、ピンポイントで照射できるので体への負担も少なくなります。小さなほくろなら1回の治療でも除去できますが、根が深い場合は無理をすると跡が残る恐れがあるため、複数回の施術が必要になることもあります。その場合はレーザーで盛り上がった部分を削るとともにメラニン色素を分解して、目立たないように除去していきます。目的に応じて複数のレーザーを使い分けているクリニックもあります。とにかく綺麗に仕上げたいときは、ある程度の時間をかけて処置することをお勧めします。美容外科クリニックでほくろを治療するときは、まずウェブサイトで施術内容や費用をチェックしてみましょう。口コミの評価を参照するのもひとつの方法です。ほくろ治療は難しい施術ではなく、どこの美容外科クリニックでも受けられますが、仕上がりに微妙な違いは出てきます。また所在地や料金が利用しやすいかどうかもポイントになります。施術を受けたいクリニックが決まったら、ウェブや電話で予約をします。疑問点があれば電話で問い合わせてみてもよいでしょう。予約した当日はクリニックで問診票に記入し、まずカウンセリングを受けます。どんな施術を受けるにしても、美容外科クリニックでは事前のカウンセリングが欠かせません。具体的にどのようにしたいのかをはっきりと伝え、医師の提案する治療方法が十分に納得できたら施術に進みます。少しでも分からないところがあれば、遠慮なく尋ねることが大切です。ほくろ治療の施術は短時間で終わり、入院は必要ないので着替えなどは準備しなくて構いません。レーザー照射後はテープで保護しますが、テープの上からメイクをすることが可能です。照射中はメイクを落とさなければならないため、メイク道具を用意しておくとよいでしょう。1回で治療が終わらない場合は、次回の予約を入れることもあるため、都合の良い日を選んでおきます。料金の支払方法はクリニックによって異なり、たいていのクレジットカードは使えますが、場合によっては現金払いになります。前もって調べておき、必要額を持参するようにしましょう。