顔を触る人

黒色斑を治す方法

ほくろは良性以外にも悪性のメラノーマの可能性があるので、まずは皮膚科の病院で診察してもらうようにしましょう。またその方が治療方法や状況によって自由診療か保険適用を選べるので、そんな意味でもおすすめです。

美容整形で美肌になる

医者

コンプレックが解消できる

顔や手など、露出する部分にできたほくろは、とても気になります。外見上の、コンプレックスにもなる場合があります。できれば、ほくろを治療して取り除いてしまいたいです。そのような願いを、美容外科クリニックで叶えることができます。取り除く前に、ほくろに対しての知識を知り必要があります。ほくろとは、皮膚にできた腫瘍になります。メラニン色素が多く含まれているために、栗色や茶褐色に見えます。基本的には、良性の腫瘍が多いですが、まれに癌化する悪性の腫瘍があります。癌化する腫瘍は手や足にできることが多いですが、顔などにもできることがあります。急に大きくなってきたり、出血があったりなど普段と違う症状が現れましたら、病院で検査を行なうことをお勧めします。特に、急に大きくなった場合、大きさが6センチ以上になりましたら、気を付ける必要があります。気になるからといって、触り過ぎも気を付ける必要があります。良性の場合は、治療を行なわずに放置をしておいても問題はありません。ただし、小さくなったり、消えたりすることはありません。また、顔などにできた大きなほくろは、化粧等で隠すことができればよいのですが、隠せないぐらいの大きさですと、女性としてコンプレックスになってしまいます。美容外科クリニックで、除去する施術を行なう場合、比較的簡単に除去することができますので、気になる場合は一度、美容外科クリニックを受診してみることをお勧めします。クリニックによっては、無料のカウンセリング行なっているところもありますので、活用をすると便利です。ほくろの除去治療を行なう方法として、代表的な方法は2種類あります。ひとつ目は、メスを使ってほくろを切り取ってしまう治療です。ふたつめは、レーザーを使って取り除く治療になります。そえぞれの方法に、メリットとデメリットはあります。メスを使って取り除く施術内容は、メスでほくろをくり抜き、くり抜いた部分を縫い合わせます。くり抜くと聞くと恐怖感を覚えますが、施術は日帰りで簡単に行なうことができます。メリットとしては、栗色の色素よりも深く切り取りを行なうために、再発を行なう可能性がありません。また、顔の皮膚は、再生能力が高いためにメスで切り取っても、直りも早いです。デメリットとしては、ほくろの状態や数が多い場合、一度の施術では取り切ることができない場合があります。また、抜糸までの間に、縫合糸が化粧時や洗顔時に引っかかってしまって痛みが出たりする場合があります。また、ダウンタイムが長くなる場合もあります。レーザーによる施術内容は、レーザーの種類によって特徴が分かれます。レーザーのタイプは、削るタイプと削らないタイプに分れます。削るタイプの代表としては、炭酸ガスレーザーがあげられます。炭酸ガスレーザーとは、皮膚の中にある水分に反応をし水分ごと色素を蒸発させてしまいます。削らないタイプの代表として、Qスイッチレーザーがあげられます。メラニン色素に反応をして、メラニン色素を破壊します。レーザー治療のメリットとしては、手軽に治療を行なうことができて、短時間で手術を行なうことができます。デメリットとしては、完全に除去することができずに再発する可能性があります。

カウンセリング

レーザーで色素除去

美容外科クリニックのレーザーを使ったほくろ治療は、施術時間が短く体への負担が小さいことや、傷跡がほとんど残らないことから人気があります。根が深いほくろの場合は、複数回に分けて治療したほうが良い場合もあります。

女の人

肌の色素処理には美容外科

ほくろは、特に人目につく部位にできている場合には気になるものです。良性腫瘍のほくろの場合には、美容を前提にした治療ということになるでしょう。一方で、悪性の可能性があるような場合には早期診断早期治療が大切になってきます。

顔を触る人

肌のケアにも注目

ほくろは黒い色をしているので目立ちやすく、美容対策をする場合は取り除く方法がよく行われます。受けられる治療法はレーザーやメスを使った方法で、美容外科クリニックならばどちらの方法も受けられるので症状の改善ができます。